愛され姫と執事たちの日常

自己否定が自己肯定に変わる!実験的日記

日記

恐れから解放される意識の使い方

スポンサーリンク

恐れが出ても笑っちゃう?

最近、恐れの気持ちが出てきたときに、自分としては効果てきめんな意識の使い方がある。

それは、どんなものが出てきても「それはわたしなんだ」と思うこと。

ただし、言うのは簡単なんだけど、これは、見えない世界の法則を理解して腑に落ちてきていればこそ納得できる考え方だとは思う。

この見方のベースにある考え方は、この世界はすべて自分が創っていて、自作自演である、というもの。

ここがしっくりくるようになってくると、

たとえば、何か眠りにつこうとしたときに、変なこわいイメージの映像が脳裏に浮かんだ場合、「あ、それ正体は私だった」と思うと、恐怖が途端に飛んでいってしまう。

これは、ロープが道端に落ちているだけなのに、何か自分の心の思い込みのようなイメージで、蛇に見える、という感じと似ていると思う。

近寄ってよーく見てみると、「なーんだ、ただのロープだったじゃんか」ということになる(笑)

だから、さっきお話したようなこわいイメージが浮かんだときも、わたしだよね、と思いながら直視してみると、その恐いおばけのような映像が急に笑い出したりする(笑)

「あ~、ばれちゃった」とでも言いたげに。

でも、人間はとかくよく忘れる動物なので、意識的にこうした見方を訓練することが大切なんだと思う。

そのうち、これが定着していくのだろうけど、左利きを右利きに持ち替えようとするときも、何度も意識して替える行動をしないかぎり、一朝一夕では切り替わらないものだと思う。(関野あやこさんがこのようなことを言っていてすごく納得した)

チャネリングは危険?

また、わたしの人生はわたしの思い込みがすべて映し出されたものなのだなあ~、ということをこの頃、実感する日々だ。

今日もYouTubeでインドのアキコさんが、チャネリングに関して「わたしに何か変なものと繋がらないの?と聞かれるけど、そんなことは一度もない、誰かおどしでもするのか、チャネリングが危険で変なものにつながりますよ」って・・。

という風に言っていて、

私は、まさにそのように聞いて過去に学んでいたもんだから、すっかり「チャネリングは危険」という概念を自分の中に取り込んでいたのだった(笑)

きっと、私が学んできた教えの真意というわけではなかったのだろうけれど、結果的に私がまじめに取り組もうとするがあまり、その言葉をネガティブな部分として意図に使ってしまうようになった、ということがあったように思う。(その時点で私には合わなくなった教えと今は理解している)

確かに、チャネリングで変なものと繋がってしまった人はいると思うのだけれど、だからと言って、危険ということではなく、本人次第、ということを肝に銘じたいと思う。

というか、自分の意図した世界が繰り広げられているのが日常なわけだから、チャネリングしようと意識した時以外でもある意味だれもが常にチャネリングしている、という見方もできるように思う。

波動の上がった地球でどんどん統合していこう!

何を信じ、何を経験するのか?ということは本来すべて自分の自由意志でやっているという。

だから、これはなかなか信じがたいことではあるけれど(笑)嫌なことが起きてくるのも、すべて自分が深い部分で意図しちゃっているんだろうな、と思う。

なので、安心安全な意図ということを意識的にやっていくことが重要なんだろうなあと思う。

まずは自分がネガティブな意図をしていることに気づかなくちゃ始まらないというのもある。

とかく、こんな感じはいやだなあ、居心地わるいなあ、とか思っても、それを積極的に統合ワークなどで書き換える、ということって今まではなかなかできることでもなかったと思う。

何と言っても地球全体のこれまでの周波数が自分に影響してきて、重すぎていらない周波数を外すなんて至難の業だったのかもしれない。

自分の過去を振り返っても、ほんとそんなかんじ・・。

けれど、今の時代は地球の波動があがっているということで、後押しがすばらしいので、誰でもできるのだろうなあと思う。

ステキな意図ができている人が幸せになっているだけ

こんな風に見ていくと、この世でいわゆる成功していて幸せそうな人というのは、自らステキな意図をしている人なだけ、と言えるのだと思う。

そんな風な自分を生きることを許可できている、とも言える。

何かむずかしくして、しんどいことを乗り越えて、苦労することが美徳、という今まで好まれてきたような刷り込みが強く、無意識にそういったパラレル世界の方を意図しちゃっていると、自分の人生はその通りに展開し、そんなある種ドラマチックな体験ができる(苦笑)

けど、やっぱりもう十分でしょ?!

きっと私を含め多くの人にとって、「もう苦労は十分」って人が多いに違いない(笑)

だから、これからは、ステキな意図をしよう!

この私の人生は何をしてもいいわけで、何でも思うどおりのことを体験できるバーチャルリアリティーみたいなものであるからして、

この時代には、私がわくわくできるような素敵な世界をどんどん意図したい!!

 

-日記