愛され姫と執事たちの日常

自己否定が自己肯定に変わる!実験的日記

日記

ボルテックスとは?(エイブラハムの教え)

スポンサーリンク

インナーチャイルドの涙

おとといの夜中は、涙を流していた。

その理由は、「わたしはもっと子供のとき、親にいつもわたしのしあわせを第一に考えて接してほしかった」という自分の気持ちに気付いたから。

いわゆるインナーチャイルドが反応して、浄化の涙を流していた。

これは、わたしにとってとてもいいことだと思っている。

やはり、インナーチャイルドを癒しきる、インナーチャイルドの本音を理解してあげる、ということは、自分の望む人生を創造するための基本だから。

 

ボルテックスを体験していくことが大事

そして、きのうは「何したい?」と自分に問いかけたら、カフェでおいしいコーヒーが飲みたいと答えが出てきたので、それに従うことにした。

メニューを選んでいたら、チョコレートケーキも+して食べたいと思った。

ただ、そこのカフェでは、ケーキを頼むと自動的にアイスもついてくるシステムになっていた。

通常であればお得でうれしいのだろうけど、今の私はコーヒー&チョコレートケーキだけを純粋に楽しみたい気持ちが勝っていることがわかっていた。

だから、あえて金額はそのままでアイスをやめてもらうようオーダーした。

その甲斐あって望みのコーヒー&チョコレートケーキは、とってもおいしくいただいた。

チョコレートケーキを口にほおばって、ゆったりしたカフェ内でボルテックスに浸っていた。

まさにこのボルテックスを味わうことが望みの現実を創るために必要不可欠と言うから、とっても良い体験だったと思う。

そして、帰宅するとまた自分の心にしたがって焼きそばをつくって昼間からビールを飲んだ。

これがその時したかったことだったので、これで完璧!

昼間からお酒は飲むものではない、なんて、そんな罪悪感が少々出てくることは、さらりとかわしてボルテックスを楽しむ私だった(笑)

 

 

-日記