愛され姫と執事たちの日常

自己否定が自己肯定に変わる!実験的日記

日記

父との良好な関係を保つための方法(エイブラハムの教え)

スポンサーリンク

実家で父と顔を合わせる場合

昨日は主人と実家へ行っていた。

少し前に父から電話があったとき、けっこうギクシャクしてしまったので、今回実家へ向かう車の中で、家に着くまでに対策を考えたいと思っていた(笑)

主人には、「あっこの実家へ行っておとうさんとあっこがもめると行きたくない」と言われていたから尚更だった。

だから余計に、穏やかに和やかな時間にしないとよろしくないなあと思っていたのだった。

今のわたしは、これまで属していた協会のサポートはないわけなので、自分でどうきりぬけ平和になっていくのか?はすべて私自身に委ねられているというわけだ。

でも、今思うと、思い切って協会をやめたことは正解だった、と思う。

やはり何かに委ねるというのは、自分の舵取りを手放していくことになり、私には不都合だったように思う。

本来の私は案外しっかりしているように感じている。

というか、その協会で教わったことは今かなり役立っていると思うので、そこの経験を経て今の私ができたのかもしれない。

つまり、人生には無駄なことは何一つないという事なのだろう。

ちょっと話がそれてしまったのだけれど、最近の私はいつも何か悩みや壁にぶつかったときには、その都度臨機応変にやりやすい方法を直感で採用するようにしている。

そうやって切り抜けることができていると感じるのだから。

そこで、今回は、実家まであと30分くらいとなったときに、瞑想の時間を設けてパーキングで主人と個々に瞑想をした。

瞑想が終わってちょっとすっきりしたら、エイブラハムやハッピーちゃんが言っていた方法を採用しようと思った!

エイブラハムの教えでは、望まないことが起きているのであれば、それは望むことがわかるようになるために起きたのだ、というように言っている。

だから、これまでに起きたことに焦点を当てるのではなく、私が本来何を望むか?というところをピックアップしていくと良いということになる。

今の私は父とのコミュニケーションに不安を感じているわけだから、関係性がいい状態であることを私は希望しているということに気付ける。

だから、私が今、放つべき波動は、そうした望みと同調する波動だ。

このように気づいたので、ともかくアファメーションをしてみよう!と思ったのだった。

「父と良好なコミュニケーションがとれることを望む」と心の中でしっかり唱えた。

するとどうでしょう!?

実家では1泊2日は終始いいかんじでした(*´▽`*)

おまけに主人に対して、すごく父が評価していて、「大好き」という風に主人に言って、「だから嫌いにならないでね、来てね」とまで言っていた(笑)

娘に話すよりも言いやすいのかもしれない(笑)

主人のことは最初、はじめて会ったときは父は無視していたくらいだった。

だけど、今は大好きらしい(笑)

私にとっても主人をほめてくれることや好きでいてくれることはかなり嬉しいことなので、本当にいい感じだった。

また、実家では父や母から欲しかったものももらうことができたので、かなり生活上助かるのだ。

総じて本当に上出来だったと感じる。

正直、私は協会から離れて、自分の思うように自分のことをコントロールしていくことは、本当にできるのだろうか?という不安があったりした。

離れているから、先日電話でもめたのかな?などと思えなくもないからだ。

なんせ、これまで通常では浄められない深い部分をとても清めてもらったということなので、そこから離れると汚れていく、ということだったから。

つまりカルマがどんどんついていってしまうような感じなのかな?と理解していた。

でも、実際のところ、ちゃんと今必要な意図を宇宙に放つことで、結構平和に思い通りに言っていると思う。

以前の協会の瞑想をしていたときだって、いろいろとカルマは出てきていたので、父ともめることもあったし。

そう考えると、案外今の方が自分の気持ちの中でグラつくことは格段に減っているようにも思う。

当然、何もしなくて、悪い思いばかり思っていたらそのようになってしまうのかもしれないけれど、オリジナルで日々瞑想をしたり、統合のワークをしたりしている。

宇宙エネルギーをいただいていつも浄化を心がけているのである。

協会にいるときも、「自分の内側を見つめて」というようにさんざん言われていたようにも思うのだけれど、正直自主的に今、自分でなんとかするしかない!ということで、取り組んでいる方が、自分の内側をより見つめることができていっているように思う。

また、地球のカルマがあるとしても、それは宇宙エネルギーと繋がることでおのずと消えちゃう、問題なくなっちゃう、ということをYouTube動画でインドのあきこさんが仰っていて、その発言に随分助けられたと思う。

協会ではそこのエネルギーでなければカルマを消すなんて無理と言っていたわけだけれど、大丈夫と言っている人がいるのだから、そちらを信じようと思った。

なぜなら今の自分にとってそちらを信じることしかできない立場を選択したわけだし、自分にとっての最善になるから。

こうして、すべてを自分でカスタマイズしていくというのは、正直以前の協会にいたときより、自分の足で歩いている感じがいいなあと思う。

真に自分の強さを知るためには、やはり自分ひとりでも立てる!ということを体験したい、そんな思いが深いところにあるような気がする。

以前に比べてあまりグラグラすることがなくなったと思う。

だから自分の選択はまちがっていなかったと思うし、これから先もそう思えるようにしてく!ということをすでに決めている。

-日記