愛され姫と執事たちの日常

自己否定が自己肯定に変わる!実験的日記

日記

お金はただ喜んで使う?

スポンサーリンク

お金って減らないのがふつう?お金は喜んで使うだけで良い

わがやの今月の現実は、やはりまだ金欠状態だ(笑)

でも、だんだんとエイブラハムの本などを読み、いろいろなYouTube動画で学んでいたら、なんとなくコツのようなものがわかってきた感はあるので、安心してきている。

お金のことについては、基本的にはなくなるはずがない、ということを受け入れようと思っている。

それは宇宙エネルギーと同調していさえすれば自分の望みが叶わなかったり、貧困になったり、ということは考えられないことなんだということが理解できてきたから。

むしろ、逆をする方が本来はずっとむずかしいこと、と言っていた方もいたくらいで(笑)

わたしたちはもともと豊かに与えられている存在、というのが宇宙の真理だからだ。

それなのに、今わがやが毎月カツカツの状況に置かれているのは、相当宇宙のエネルギーに抵抗しているからにちがいないと思う。

つまり、抵抗する思考を選んでいるということだと思う。

具体的には自分に対する無力感とか、安心安全でいられない、というような思いをもっているからにちがないない(笑)

まあ、それは別に自分を責めることではないし、むしろ、がんばって今までなんとか生きてきたことを表していると思うので、自分をとことんよしよし、としてあげたいと思う(笑)

問題はそこから先だ!

今までは信頼を選びたいと思ってはいてもなかなかうまくいかないでいたから、その現実を見て、また焦りが生まれてがんばってしまう、というような悪循環に入ってしまっていたのだと思う。

また、私の場合はあるヨガの瞑想をつづけていたことによって、その教えで、欲望はやはり落としていく方が好ましいとのメッセージを受け取り続けていたことも原因としてあったのだと思う。

その教えは自然に落とせばよい、という教えではあったものの、まじめにとらえがちな私には、最終段階のことしか目に入ってこないようなところがあった。

結局欲を持たない方が良いんでしょう!?と思っていたので、自分もそうなっていかなくちゃ、と思っていたのだった。

だけど、今の私はその教えからはフェードアウトすることを決めた立場なので、むしろ今は欲望には忠実にやっていきたいと思っている。

そこで教えを乞うていたときには、欲望を叶えていくことはいずれなんだか自分のエゴが大きくなりすぎて大変なことになりはしないか?という恐怖心ももっていたのだけれど、考えてみればそれこそが自己不信の心だなあと思った。

私たちはもともと神の子のような存在であると思うので、そんな自分を信じていったらいいのだと思う。

今はこうして自由に自分の欲望を叶えていいんだ、と思っているため、結構いろんなブロックが外れやすくなってきているのではないかとも思っている。

エイブラハムの引き寄せの法則によると、望みを叶えるには、望みが叶ったときのイメージをして喜びでいる、ワクワクしている、という波動を自ら放つことが原則となっている。

なので、欲望を✖としていたときには、その願望実現に必要な波動が出るはずがなかったことは明らかだ。

いつまで経っても、経済がカツカツになったりするのにも納得だ(笑)

自分が経済的に潤っている状態に許可を出せないからだ。

やはり、正しいような教えを学ぶときというのは、清貧をよしとしてしまうような傾向があるので、私自身は自分のためにこのことをとても気を付けないとならないなあと思う。

だから、正しいこととか立派なこととか、愛のため、みたいなのは今、あまり意識しなくてよいと思っている。

一番重要なことは、自分に気に入ってもらうことなんではないか?と。

自分が細胞から喜んでいる状態をベースにしたい。

自分自身がハッピーと感じられることがこの世で自分が最大限善行を積んでいることになるのではないかと思うから。

お金に関しても、自分が何か欲しいなあ、と思うものを買うときは、「ああよかったなあ」と喜びでそれを得ればいいだけなんだと思う。

常に余計な思考を挟まず、子供心のように、「わあ~お金で自分のほしいものが手に入ってうれしい!」と思ってその波動を出すなら、もう豊かなエネルギーを発して、循環させていることなんだと思う。

これを続けていたら、お金が滞ることなんてないのだろう。

つまり、大人になって考えすぎになっただけなんでしょうね(笑)

思考の使いすぎですね。

でも、宇宙って無限で常に与えてくれる気持ちしかないので、願いを叶えるのにこねくり回して考える必要は一切ないということんですね。

 

-日記