愛され姫と執事たちの日常

自己否定が自己肯定に変わる!実験的日記

日記

並木良和さんのYouTube動画を初見!

スポンサーリンク

わが家のトイレの張り紙

わが家のトイレはしょっちゅう張り紙が変わる(笑)

その時々の自分が大切にしたいことを書き換えては、張り替えていくからだ。

また、なんとなくイメージが広がりそうな画像を貼ったりもしている。

上の写真は月で、ネット上の無料画像を主人に印刷してもらったもの。

トイレでぼーっとする時間、心地よくいて、なるべく良いことを考え、理想の現実創造ができるようにちょっとした工夫をしている。

やはり、人間はすぐ忘れてしまう生き物だ。

つい、恐怖に襲われるような思考が湧いてきたときには、壁に張っている、「私の宇宙は安心・安全」と言い聞かせるし、

自己否定が湧いてきたときは、「100%自己肯定」という言葉を思い出し、自分に、「1%たりとも自己否定はいらないよ」と言って聞かせるようにしている。

こんなことで何が変わるの?と思われるかもしれないが、じわじわと自己無価値観から解放されてっていることを感じる。

以前であれば、家族にこんな発言したら、後で自己否定で苦しめられていたかも?ということも、自分を肯定してやるようになったから、なんだかそういう揉み返し的な反応が起こらない(笑)

 

並木良和さんのYouTube動画

YouTube動画のインドのAkikoさんのお話の中にもちょこちょこ出てくる並木良和さんという方がいる。

以前から耳にしていて、最近スピリチュアル界ではトップでけん引してらっしゃるようなイメージのある人だ。

私はなぜか見るのが怖いような気がしていたので見ていなかった。

けれども、Akikoさんが、この方の統合のワークなどを紹介していたことがあり、ちょっと見てみようかな、と思うのだった。

そして今朝、並木良和さんという話題の人のYouTube動画を恐る恐るはじめて見た。

その中で、罪悪感と自己無価値観というのは、もともとみんなが持っているもの、ということを言っていた。

もちろん多い人や少ない人もいるのだろうけれど、誰しも基本的には人はそんなところを持っていたりするのだろう。

当然だけど私だけじゃあなかった(笑)

だから、すべての人が今この時に、そういった不要な価値観を手放す時が来ていて、自分からワークなどをして外すのが良いということを言っていた。

待っていても、外れるわけではない、と言っていた。

けれども、無理に外さなければ、と思うでもなく、外すという意図を向けたらよいだけ、ということだった。

えてしてわたしたちはまじめなので深刻になりがちだけれども、重くならないことが重要だ。

日々、楽しく笑って過ごすようにすることが自分を軽くしていくためには役立つようだ。

昨夜、主人と珍しく大爆笑したことがあり、私は、これ爆笑するだけで大浄化が起きているなあと感じた体験をしたばかりだった。

そうそう、このかんじ、小学生の一番私が楽しくいられた3年生のころの大爆笑しつづけていた毎日をちょっと思い出せてうれしかった。

だから、並木さんの言っていたことが腑に落ちた。

そして、日々呼吸をしている私たちは、どのみちたくさん呼吸をするのだけど、並木さんが、神の呼吸、というのを紹介していて、それを取り入れたらよいかも?とも思った。

方法はとても簡単で、呼吸するときに、神を吐いて神を吸う、と意識するだけだ。

ザッとしか見なかったのだけれど、ひとまず2つの使えそうなエッセンスをいただけた。

これから、暮らしの中で使っていこう!

 

-日記