愛され姫と執事たちの日常

自己否定が自己肯定に変わる!実験的日記

日記

エイブラハム本「感情の22段階」活用表無料公開(PDFダウンロード可能)

スポンサーリンク

エイブラハムの本を主人が完読し活用表を作る

お盆休みの中、主人とゆるゆるすごす日々はありがたい時間だなあと思う今日この頃(*´▽`*)

エイブラハムの「願えば、かなう エイブラハムのの教え」(ダイヤモンド社)を、以前から主人に、「あなたも気が向いたらぜひ読んでみたらいいかも?」と言ってたのをキャッチしてくれていたようで、おとといときのうで主人が完読した。

そして、主人がその中に出てくる感情スケールの22段階毎にできるワークを今後使いやすくする目的で、「わかりやすく表をつくるよ。」と言った。

私は、「へえ~」ってなもんだった(笑)

よくそんなんすぐ頭の中で整理整頓して作れるなあ、と感心した。

そして、彼が作ったのが下の表だ。(クリックすると拡大します)

使い方は簡単です。。

今の自分の感情、例えば縦の感情のスケール軸で、17の怒り であるとしたら、横のプロセス軸の方では、

6.瞑想 7.夢を評価する 13.いい気分の思考はどれ? 14.部屋を片付ける 16.思考を反転する 17.「いい気分.」の思考に帰る 18.感情の湧く場所を見つける 19.お金の流れをよくする 20.宇宙にまかせる 21.健康を取り戻す 22.感情のスケールを上げる

を使うといいよ、ということです。

下の方に進めて見てもらえば、それぞれの使うタイミングが書いてあるので、当てはまるなあと思うものから本の実際のページを開いて再度確認し、やっていく、という風にすると、とても活用しやすくなると思います。

もし、エイブラハムのこの本をもっている方がいらしたら、きっと使えるだろうなあと思ったので、無料公開しますね。

そして、PDFのダウンロードもできるようにしてあるので、興味のある方はぜひ活用してみてくださいね。

私たち夫婦もこれから使っていくので、また実際に使ってみてどうだったか?ということも今度書いていけたらと思います。

 

 

エイブラハムの教えワーク(PDFダウンロード用)

 

-日記