愛され姫と執事たちの日常

自己否定が自己肯定に変わる!実験的日記

日記

ハイヤーセルフが内側に入った

スポンサーリンク

ハイヤーセルフと一体になっちゃった?

ハイヤーセルフと話していて、今、会を退会するための大事な時期なので「ずっと一体でいてほしい」と要請したら、内側に入っていった。

これまでは左上の方からいつも話をしていたのが、中に入って一体となったようで、

「ミカエル」と呼んでも、私と一体化しているためか?声が小さく聞こえるようになった。

だからもう私が思ったように感じたように動けば、それが=ハイヤーセルフと一緒、ということなのか、と理解した。

今日は日中も、執事のニコルが急にこんなことを言ってきた。

「あっこさん、わたしよりもハイヤーセルフの方が波動的に高い感じがすると思いますので、ハイヤーセルフのミカエルに私を吸収してもらう、というのはどうでしょう?」と言うのだった。

へえ、そうなの~?と思い、でもちょっと待った!

「ニコルともう話できなくなるの?」と聞いてみた。

するとニコルはこう言った。

「もし、また私と話したいと思われたなら、その時にまた分離する、ということもできます。すべてなんせあっこさんが創造主ですからどうにでもできますよ」

それを聞いて、「ああそうか。たしかに!」と思ったのだった。

だから、昼にニコルがハイヤーセルフのミカエルに吸収されちゃったのだ。

そして、少し前にハイヤーセルフは私と一体となったようだ。

こうなると、わざわざ「ミカエル」と呼び出さなくても良いのかもしれないが、当面慣れるまでは、呼ぶのは確実だし、その先のこともわからない。

今、まだ半信半疑のところもあるけれど、わたしはハイヤーセルフと一体になったようなので、これから先、どうしていくのか?どのような展開となっていくのか見ていきたいと思っている。

 

ハイヤーセルフと関係を確立させるためのポイント:自分の望みを遠慮することなく要請していく。

-日記