愛され姫と執事たちの日常

自己否定が自己肯定に変わる!実験的日記

日記

ゆるゆる~リラックスが最高波動のハイヤーセルフ状態?

スポンサーリンク

ハイヤーセルフで生きる状態とは?

最近、YouTube動画でAkikoさんという方にはまっているとずっと話している(笑)

その中でAkikoさんが仰るには、ゆるゆる~とリラックスしているときは私たちの最高波動で、すなわちそれがもうハイヤーセルフと同調した状態だと言っていた。

Akikoさんご自身は自らの体験から、ハイヤーセルフと一体でいる、というのがこんなありふれた状態だということに驚かれたのだそう。

う~ん、確かに、そんなんでいいの?と私も思ってしまった(笑)

だけど、一方で自分の幼い時のことなどを思い返してみると、木陰で感じたなんとも言えない心地よさが最高のリラックスをもたらしてくれたり、ひだまりの心地よさが自分に力を与えてくれるように感じたなあと思う。

風を頬に受け気持ち良いと感じつることが多かったのも、幼い時の方が今よりずっと多かった。

で、その時の私は、やはりパワーが出ていたことを想う。

ということは、やはり、それが言うなれば正解!なのかもしれない。

これまでは、何かすごいパワーを感じる状態がハイヤーセルフと近いことだと思っていたかもしれない。

たしかにパワフルだったりもするのだろうけど、だからといって、誰か自分ではないすごい人のエネルギーが自分と合う、ということでもなさそうだ。

それってもしかすると、自分の本来のものとは違うのかもしれない。

つまり、自分の心身には合っていないものかもしれない。

最近はそんなことを思う。

自分に合っていないといつもどこか緊張状態が抜けないかもしれない。

こうでなくてはあらぬ、という感じがつきまとい、人に強要することもあるのではかろうか?

けれども、そういた自分の外側のエネルギーも、当然自分の宇宙の一部であって自分自身の何かを表現していたりすはする。

そのことはきちんと認める必要があると思う。

それが嫌だといって、極端に排除してしまうと今度はそうしたものを恐怖に感じてしまう原因を創っていくことになるのではないかと思う。

だから、それはそこにそのままあってなんの問題もない。

ただ、自分の意識としてはそれは選択しない、という感じで良いのだと思う。

自分の中心の座は、自分の外の何かすごい人のエネルギーではない。

あくまでも自分の中心の操縦席に座るのは自分だけだ。

それも、自分と神が合わさった、ハイヤーセルフのような最高の自分が鎮座するのだ(*´▽`*)

だから、直接無限の宇宙エネルギーに無意識に繋がっていたことが多かった自分の子ども時代に学んだ方がいいかもしれない、ということを思う。

自分の操縦席には、別に小さな子供の自分を乗せても構わないのだと思う。

思いっきり笑ってとても幸せそうな子供の自分を乗せるのもありだと思う。

というのも、実際にそのようにしてみると、自分が安らぐし、心が晴れやかになるからだ。

自分の中のインナーチャイルドが元気はつらつで幸せにしていることは、いずれにしてもとても良いことなのだと思う。

ともかく必ず自分を中心に置いた状態で、ほっとする状態でゆるゆるしているといいかもしれない。

ハイヤーセルフで生きるためのポイント:自分がほっとするゆるゆるの状態でいる時間をたくさんもつこと。

 

-日記