愛され姫と執事たちの日常

自己否定が自己肯定に変わる!実験的日記

日記

「願えば、かなうエイブラハムの教え」引き寄せの本を買う!

スポンサーリンク

エイブラハムの本が欲しい

おととい、夕ご飯を済ませた後、主人に「本を買いたいから本屋へ行きたい」と伝えた。

これは、決して主人に対して、絶対一緒に行ってほしい、という事を伝えたいわけではなかったから、控え目に今の自分の率直なきもちを伝えたということだった(笑)

そしたら、主人もちゃんと連れて行ってくれる様子だったので、安心した(笑)

夜間なので、結局付いてきてほしい、というのが本音ではあったのだった(笑)

手に入れたいと思ったのは、『願えば、かなうエイブラハムの教え』という本だ。

YouTube動画を見ていて、スピリチュアル系のユーチューバーの吉岡純子さんという方の動画に出ていて気になったのだ。

 

エイブラハムと言えば、ハッピーちゃんのバイブルのようだけれど、私はこれまで1冊も読んだことがなかったので、いい機会かも?という気持ちもあった。

夜9時を過ぎた時刻に1軒目の本屋に行ったところ、残念ながら検索機で調べてみると、在庫なしという表示を目にした。

「あ~、せっかくこんな時間にわざわざ来たのにダメだったかあ」と、ちょっと落胆の色を覗かせた私だった。

ところが、主人は、「もう1軒行こうか。まだ時間的に間に合うよ」と。

私としては、この本屋しか頭になかったので、今日はいいかな、と思ったのだけど、せっかくそう言ってくれるしなあ、ないかもしれないけど、まあ行ってみよっか、と思った。

そして足を運んだ2軒目の本屋には見事に目的のエイブラハムの本があった!

早速手に取って、中身をパラパラとめくってみると、引き寄せの話がメインのようだけれど、かなり具体的な方法が書いてあるかんじだったので、即買い!を決めた。

最近、本を買うこともなかったので、このエイブラハムの本は、久々にわが家へ迎え入れる本となった。

350ページくらいある割りと厚目の本だが、もう今日すでに3分の2まで読んでいる。

ここまで読んでみての感想は、まずは買ってよかった!というもの。

そして、随所に実践したいと思える具体的な方法が書かれているなあということ。

また、この本はかなり繰り返し読むことになりそうで、わが家のバイブル的な本になりそう!ということなどだった。

おまけにいずれ主人も読むかもしれない!という気もしている。

そう、わが家はずっと具体的な自分たちの望みを叶える方法を必要としているのだと思う。

今までに少しずつはそのためのヒントをつかんできた私ではあるけれど、まだまだおぼつかないし、現実として現れていない限りは、つかみきれていないということなのだと思う。

そこへ、この本が助っ人となってくれるような気がしている。

その恩恵で、今後は、ノートのワークもさらに、効力のあるものになっていくかもしれない。

そんな予感もあったりする(*´▽`*)

 

望む人生を創造するポイント:自分に力や知恵を与えてくれる書物を活用しよう!

 

-日記