愛され姫と執事たちの日常

自己否定が自己肯定に変わる!実験的日記

日記

アファメーションを頭の中で唱える・口に出す

スポンサーリンク

今すぐアファメーションを唱えよう!

自分の望む人生を創造していこうと思った時、自分のことを肯定する言葉を絶えず唱えていることが重要な要素だと思う。

いわゆるアファメーションを唱えるということだ。

それは、頭の中で唱えることや、口に出すこと、両方すると良いと思う。

頭の中で唱える場合は、どんな時でも唱えられるし、日常的に沢山唱えることができる。

その分、その時間に何を唱えているか?ということが重要だ。

だから、自分の内側で日々つぶやいている言葉がネガティブなものになっていないか?ということを点検することは必須だ。

というか、人生が思うように行ってない人の場合は、必ずと言っていいくらい、ネガティブなことを唱えているものだと思う。

そこで、そういう言葉を唱えていることを発見した時は、ただちに肯定的な言葉に言い換えて言い直す、ということが必要だと思う。

これは、その都度、その都度、何度もネガティブな言葉が出てくると思うので、粘り強く変換することが大事だ。

逆に口に出す場合は、ひとりの時でないと難しかったりするため、一日の中でも貴重な時間になると思う。

アファメーションを口に出す場合は、自分の骨の振動を伴った声を聴くことになるため、これはこれで威力が強い、と、YouTube動画の鴨頭さんという方が言っていた。

なんせ、自分は自分の発言を一番近くで聞いている人間だからだ。

自分の骨の振動を経て伝わってくる声だ。

それならば、自分を肯定する言葉を自分が言わなくてどうする!?と、確かに思ってしまう(笑)

自分について否定的な言葉を自分が毎日聞いているとすれば、そりゃあ、自分の力なんて出るはずもない。

これには納得だ!

だから、頭の中で唱える場合も、口に出す場合も、自分に対しては最大限の敬意を払って、こうありたい、と思う言葉を唱えると良いのだと思う。

例えばこんな言葉がいいかもしれない。

●私はすばらしい。

●私は宇宙一の幸せ者だ。

●私はいつも豊かさに満ちている。

●私はいつも愛されている。

●私の存在はオールOK!だ。

●私への宇宙のサポート体制は万全だ。

●私には無限の力がある。

●私に無限の豊かさが流れ込んでいる。

●私はどんなことでも成し遂げられる。

●私は愛だ。

●私は光だ。

今述べたこれらの言葉は、宇宙理論的に言えば、すべて事実を言っているにすぎない。

だからこそ、自分自身が共鳴し、そのように繰り返し言っていると、本当にそういう自分が発動するに違いない。

もし、今暇だなあと思っているなら、遠慮なく自分の望むことを頭の中でも、口に出してでも唱えれば、きっとあなたのためになると思う。

また、あなたの力になるにちがいない。

 

自己が望む人生創造のためのポイント:自分を肯定するアファメーションを頭の中や、口に出して積極的に唱えること。

 

 

-日記