愛され姫と執事たちの日常

自己否定が自己肯定に変わる!実験的日記

日記

自己否定がやめられないなら、全肯定で解決?

スポンサーリンク

自己否定をやめたい時はどんな心の扱い方をすると良い?

自己否定は、多くの人を悩ます問題かもしれませんよね?

どんなに自信のある人でも、やはり自己否定が出るようなことはあるのではないかと思います。

私の自己否定感は以前はものすごく強いものでした。

でも、近頃は、かなり軽減してはいるんですが、ちょっとした隙にそれこそちょっとしたきっけで顔を出してきます。

以前は、自分の中から湧いてくる感情や考えを割り振りしていました。

さすがに誰かに対して、恨み節、とかそういった類の人としてダメな思いは✖なんだとか・・。

これは〇、というようなことを無意識的にジャッジをしていたんです。

でも、これでは、そんなところから、自己否定が入り込んでくる、ということを発見しました。

ちょっとでも自己否定を受け入れたところから、芋づる式に、全否定に染められてしまうかのように!

だからこそ、恨み節だろうとなんだろうと、一旦は自分にOKを出すことが重要という点に気が付きました!

赤ちゃんは、好き勝手に大泣きしても、尿や便を垂れ流しても、愛されなくなることがないように、その無条件の愛は、宇宙からは平等にどんな大人にも変わらず降り注がれているわけです。

その愛を受け入れなくしてしまうのは、自分でしかないということです。

私がどんな考えもっても、たとえひどい行為をしたとて、宇宙からの愛は本来赤ちゃんの時と、何も変わらないわけです。

一切のジャッジがありません。

だから自分のことは、いつもそうした宇宙的な愛の視点から、寛大にOKを出しておく状態にしておくことが有効です。

当然、その後に取る行動は、大人であればこそ、考えて、自分の人生がより愛ある方向に向かっていくような言動を選択していけばいいのだと思います。

私は、以前は、何か人から強く言われると、「自分が悪いんだ」と思ってしまっていました。

自分を否定しないようにするストッパーを何も持ちあわせていなかったからです。

けれども今はどんな場合でも、自分のことは、「いいんだよ、しょうがないよ。あの時はそれが自分のベストだったんだもんね」とちゃんと寄り添うことを大事にしています。

これだけで、その後、気持ちがスッと楽になれるからふしぎです。

魔法?というのは大袈裟かもしれませんが、私のように自己否定の心をどう扱って良いかわからず長い間闇の中にいた者にとっては、魔法くらいの力が感じられるんです(笑)

今日も、自分はいつも絶対的な自分の味方であるように!ということを意識して生きます😊

 

自己肯定のためのポイント:自己否定が出た時には、自分の感情・考え方、すべてOK!であることを受け入れて、自ら納得できるまでなだめてやることが大事。

-日記