愛され姫と執事たちの日常

自己否定が自己肯定に変わる!実験的日記

日記

宇宙はオールOKの愛そのものだ!怒りもOK!

スポンサーリンク

そうだ!宇宙は愛そのもの、ということを見落としていた

きのうはハッピーちゃんの約1年くらい前のYouTube動画を旦那と見ていた。(旦那って今まで一度も言ってないのに今日は旦那だって(笑))

そして翌日の今日、ふと思ったのだった。

今までずっと悩んでいたことが一気に晴れた!と感じた!

それは、「宇宙というのはオールOK!」ということを改めて思ったからだ。

宇宙は愛そのものである。調和であり、信頼であり、ジャッジなどない。

では、なぜ私は今までその根本原理を聞いていて頭では理解していたつもりだったというのに、受けいれていなかったのか?と思った。

私は自分を責める、ということがなかなかやめられないでいた。

それは、瞑想の場で、「悪いことを思わないように」という話を聞いたことが大いに影響していたのだった。

何故かと言えば、悪いことは誰だって思うもので、それを思わないようにしなければ、と思っていたので、当然内側にうずまいている悪い思いに蓋をして、抑圧をしていたりしていたのだ。

ともかく、私の中では、悪いことを思ってはいけない!のだった。

こりゃあ、瞑想の師に対して、私偶像崇拝していかなったのか?と思ってしまった(;^_^A

これは私の責任だ、と言っておく。

何故なら、何を信じるか、は結局自分が選択したことだからだ。

瞑想であるから、瞑想中に当然ネガティブな思いは浮かぶ。

それについては、「どんなことを思っても流しらたよい」ということも実は一方では聞いていたりもする。

それなのに、私はなぜか、自分に不利になる、自分を追い詰める方の言葉を一番に強く取り入れていたこともよく見えてしまう(笑)

 

ネガティブな感情を昇華するためのアファメーション

私はどうして、自分を責めてしまうのだろう??

私はどうして自分を受け入れられないのだろう??

な~んてことを内側でずっとやってきたのだけれど、ここのところは、まず「自分のことはたとえ0.0001%であっても自己否定をしない、自分を責めない」ということを念頭に置いて生活していた。

それをベースにした上で、ともかくどんな感情であってもオールOK!として、そのいわゆる悪い思いなども、ノートに書き出す、とか、一人の時に口に出す、などしていた。

こういうことを仮にこれまでの自己否定が強くある今までの考え方をもってしていたとすれば、この方法をした後、すごい自己否定にさいなまれていたに違いない。

もっとも、悪いことを思うこと自体がNGなわけだから、このようなことは長い間しないできた。

そして、実体験から思ったことは、どんなに悪い思いが湧いてきたとしても、そのさいごに、「自分のことは絶対に責めない」とアファメーションすると、それによって怖い現実が引き寄せられるんではないか?といった恐怖が消え去るということだった。

今までだったら、「こんなことを思う私はだめなんだ」とこうなっていたにちがいない(;^_^A

でも、そうはならないのだ。

つまり、さいごの自己受容がとっても重要なキーポイントになってくる、ということが自分の中でよくわかってきたということなのだ。

自己否定をするが故に恐怖が襲ってきがちになる傾向があることを自覚しているため、ついでに私はもう一つの斎藤一人さんから教わったアファメーションもセットで言うことが多い。

それは「困ったことは起こらない」だ。

1.自分を責めない。

2.困ったことは起きない。

この2つを感情解放の後に言うと完璧!という感じがしている。

この言葉を思う存分自分にかけてやるといい。納得のいくまでだ。

 

宇宙は赤ちゃんを無条件に受け止める母親だった!

こうして過ごしていた中で、ふと、あれ?と今朝思ったのだった。

なぜ、私は悪いことを思っちゃならない、と思ってきたのだろう?宇宙って愛そのものなんだよね?

そうだ。

宇宙の源に流れているエネルギーは愛そのもので、そもそもジャッジなどあるはずもない。

私はその源のエネルギーに繋がる瞑想をしながら、なぜ自分のすべてをOK!とすることに恐怖を感じていたのだろう?と思ったのだった。

よく、自分の思ったことは宇宙に飛んでいって跳ね返ってくるから、悪いことは思わないこと、とか言われたりすることがあるけれど、ここにきてそのこと自体を疑い出した。

ここで、もっとイメージしやすいように、エネルギーの質で考えてみたいと思う。

自分は悪いことを思ってはいけない、とベースに自分がインプットしていて、もし、少しでも悪いことを思った場合、実際に宇宙に放たれるエネルギーは思ったことは良くないことだ。というエネルギーになる。

だから、たとえ悪いことを思わないようにしていても、その思わないようにするという苦痛のエネルギーや、ちょっとでも思ってしまったときに、自分を責めるエネルギーとして宇宙に放たれ、自分に跳ね返ってくるということになる。

そう考えると、悪いことを思わないように、ということはむしろ自分を不幸にしていく考え方ではないか?と感じるわけだ。

じゃあ、何を思ったってOK!という方を採用すればどうだろう?

こちらも同じように考えてみよう。

たとえば、わたしが○○さんに対して怒りの思いをもっていてそれを爆発させるとする。

でも、それはOK!決して自分を責めない、と最後に方向付けをする。

怒りを発散しているときというのは、単に怒りの質のエネルギーなのだけれど、思う存分やっていると、やがて自分の心は抑え込んだ苦しみが解放され、楽になり、ゆるむ方向へ向かう。

ここまでのことを、宇宙の原理原則にのっとるように考えていくと、放ったものが自分に返ってくるわけだから、私の発した怒り、いつか返ってくるのかな?ということを考えてしまう、という懸念が確かにある。

でもそこに、宇宙はただ愛。オールOK!私は宇宙に愛されている。ということをベースに組み込んでとらえると以下のように受け取れるように思うのだ。

怒りは発散したのだけれど、宇宙は愛そのもの。自分のエゴだって、宇宙の愛に比べたらちっぽけなもので、すべて愛に溶かしてもらえる、ということだ。

そもそもエゴは自分ではないのだ。愛の方が私たちの本質だ。

そのちっぽけなものは、宇宙の愛によって吸収されてしまう?そう考えるのだ。

この観点をもっていればこそ、自分が感じる感情はオールOK!として、その都度信頼して、宇宙なる母にぶつけることができるように思うのだ。

それは、子供が母親を信頼して、好きなように振る舞うのと同じような感じと捉えるとイメージしやすいのではないかと思う。

母という宇宙に自分を無条件に受け止めてもらうことを通して、子供はまた信頼を深めていく、という風になるのだと思う。

まあ、実際の母親はそうはいかない、というケースは多いのだが(笑)

本当に理想的な無条件の愛をもった親=宇宙である、と考えてみると、本物の愛ならば、ジャッジなどないことがわかる。

ましては何か罰が与えられることはないのである。

だから、怒りをいくら放ったとて、それが自分に跳ね返ってくる、なんてのは本来はないんではないか?と思ったのだ。

これは完全な私の実体験からの一個人の考えではあるけれど・・。

実際に怒りを放出した後、嫌なことが起きる、などの不安をもつことがないため、自分の好きなように振る舞うとそれが返ってくる、ということ自体、自分のそう思い込んでいる考え方がそうした現実を引き寄せるにすぎないのかもしれない、という思いを強くしたのだった。

もし、安心して赤ちゃんのときのようにわがままを言って泣いても、宇宙を信頼しきって甘えることができるなら、宇宙は愛を返してくる、ということを思うのだ。

赤ちゃんは生まれたばかりでまだ私たちの本質の状態をもっていて、だからこそ、そのような意識があるから、愛される存在なのではないか?という風にも受け取れる。

だから、きっと一見同じことをしても、(ここでは、宇宙に対して怒りを投げかけたとしても)ベースにもっている考え方の違いによって、返されてくるものが真逆になるのではないか?との持論をもつのだ。

これをもっと突き詰めていけば、根本に宇宙の愛を信じている、がある場合は、自分を愛する気持ちからどんなことを思う自分だって深いところでは信頼している、という気持ちがあるから、感情を解放させることができているため、愛が返ってくるのではないかと思う。

そうではなく、宇宙を信じておらず、ただ誰かに対しての悪口を言うだけなら、悪い現実が返ってくるということになりそうだ。

つまり、宇宙が愛であることを信じられればOKにちがいない(*´▽`*)

 

ネガティブな感情を解放させるときに必要な鉄則となるポイント3つ

1.自分のことは絶対に否定しない。責めないこと

ネガティブな感情を吐き出した後は「私は自分を責めない」とアファメーションを繰り返し言う。

2.困ったことは起こらない、と知っていること。

ネガティブな感情を吐き出した後は「困ったことは起こらない」と繰り返しアファメーションすること。

3.宇宙は大きな愛そのものであり、私のエゴを溶かしてくれると理解していること。

宇宙は赤ちゃんを無条件に愛する母のように、わたしたちのエゴを包み込み、溶かすことを信じていること。

 

 

-日記