愛され姫と執事たちの日常

自己否定が自己肯定に変わる!実験的日記

日記

エゴとお金持ちの関係

スポンサーリンク

ピュアになればお金って儲かるの?

私は瞑想をしてエゴをなくしていく、ということを10年来やってきた。

これは大変自分の心身にとって心地良い体験だと感じてきた。

ただ、自分は幸福感を確かに感じているのだけれど、ことお金儲けについては、なかなか思うようにならないと思っていた。

まあ、お金がなくても心が平和な感じで暮らせたらいいのかな?と思えなくもない。

なぜなら心の中にあまり焦りとかもなく、それほど苦ではないからだった。

でも、家計が赤字になっていく、というのはいささか、いやかなり問題ではないか?と、ある時・・

というか、わが家にはハッキリとその具体的な問題が起きた。

それは、このままだと「財産を差し押さえます」という文面の文書が役所から届いたことだった。

それまでに保険料の停滞により督促状を見るのはわが家ではそんなに珍しいことではなかったのだが💦

もともと私と主人はお金を儲けるビジネスで成功したい、と思っているようなタイプだったのだが、瞑想を始めてからは、そのことはあまり意識にのぼることもなく、まあどちらでもいいか、くらいに思っていたような感じだった。

でも、さすがに、家計が傾くとなると、「このままじゃいけないかも」と意識が切り替わったのだ。

 

瞑想をすると、いかにも自分がピュアになっていき、エゴが解けていく、という感じはする。

で、ピュアになり、次元の高い人になれば自然とお金も入ってくる、というようなイメージを勝手にもっていた。

でも、どうやらそれは自分の体験からもなんだか違うんじゃないか?と思うようになっていた。

そして、最近になって、その謎が少し解けた。

波動の世界の視点から見ると、それではないらしいのだ。

 

お金持ちになるために必要なマインド

お金持ちになれるか、なれないかは、実は波動の高さとは無関係ということだ。

当然、中に波動の高い人もいる。

けれども、お金持ちになるために、波動の高さはマストということではないということだ。

むしろ、マストなのは、自分を信じる気持ち、ある種のエゴの強さが必要という。

それはきっとこんな感じ、そして以下の2つは最低限ベースとして持っている人がお金を沢山稼いでいるに違いない。

1.お金がほしいという欲望を持っていること。

2.自分はお金をがっぽりと儲けることができると感じられること。

まあ、それは科学的根拠というより、私の予測のような面があるのだけれど、逆に言えば、私にはこの2つの意識が案外持ちにくいから自分として信ぴょう性を感じるのだ。

今までは、1のお金がほしい、という欲望をもつことなんてとっても簡単に違いない、というか、ほとんどの人が持っているんじゃないか!と思っていたようなところがある。

でも案外とこれが、以下のような点を潜在意識で抱えていると、潜在意識が危機を感じるのでお金が沢山入ってくることにストップをかけてしまうということがある。

●お金を持つことの何か恐怖。

●お金は汚いものだ。

●お金持ちは悪事を働くような人物だ。

人の潜在意識というのは、恒常性を保とうとするという。

だから、自分にとって危険なことになりそうなことがあれば全力で阻止しようとしてくるのだ。

「そっちは危険ですよ、ストップです」という風に、強烈に抵抗してくるものだからだ。

また、自己肯定感が低いと、自分は多くのお金を手にするだけの価値がある、ということが認められないため、どうしたってお金が入ってくることに抵抗がかかるということだ。

こうしたことを理解すると、以下の2つのことを意識して自分の中に根付くようにしていくことがお金持ちになるための最速の方法なのだということがおのずとわかるようになってきた。

〇お金をいっぱい稼ぎたい、という気持ちに許可を出した状態でいること。

〇自分はたくさんのお金を持つのにふさわしい人間だ、と信じていること。

具体的な方法なんてものは後からついてくるのだと思う。

適切な時に適切なことを閃くような、お金持ちになるにふさわしい自分に応じた直感が湧いてくるようになるにちがいないからだ。

ということで、今現在の私は、ニコルの力などを借りて、自己肯定することにまっしぐらな毎日を送っている。

そして、欲をもつことをできる限り拡大していくことを意識して生活している。

 

お金持ちになるためのポイント:お金持ちになるためにもっていなくてはならないマインドについて理解しておく!

 

 

 

 

 

 

-日記