愛され姫と執事たちの日常

自己否定が自己肯定に変わる!実験的日記

日記

生まれた時の自信を取り戻そう!

スポンサーリンク

赤ちゃんの時は誰もが自信満々?

わたしは今、自信がない、なんて思ってしまうことがあったりする。

だけど、よく考えてみたら、生まれてきたときは自信があるないとか考えるわけでもなく、ある意味自信満々でオギャーと言って生まれてきたわけだ。

それなのに、そんな風に「自信がない」と思うようになったということは、育ってきた過程でそのように思うようになってということだ。

私は輪廻転生を信じる方なので、自分がもともと持って生まれてきた性質というのはもちろんあるとは思っている。

だけど、それが発動するのは、やはり周囲の環境によって引き出されていくものだと思う。

ということは、やはりどこかの時点で、「あっこはダメだな」とか1回言われたことを自分の中に取り込み、そう自分につぶやくのがクセになったことで、自信がなくなる、という状態がつくられたのだと思う。

だから、自信を持つためには、自信をつける、ということではなく、元々あった自信を取り戻す、という捉え方をする方がしっくりくると思う。

だって、自信をつける、という風に捉えてその方向で進んでいこうとすれば、自分にとって無理なことをがんばって身につけるなどが必要そうでいかにもしんどい未来が予測できるからだ。

そうではなく、別に何もない本来の裸で生まれた自分に戻ることそのものが元あった自信を当然のこととして取り戻すことなのではないかと思う。

そう、ナチュラルな自信だ。

これが一番強いと思う。そう。しなやかな自信だからだ。

 

ポジティブな言葉がけで自信を取り戻す

そのために具体的な方法としては、ポジティブな声がけをどんどん自分にしていくと良いのだと思う。

今まで、ネガティブな声がけをしてきた部分を反転させよう、ということだ。

コップの水があったとして、その水が今、自信のない波動のお水だとしても、言葉の魔法で自信がつく言葉を毎日コツコツ、注いでいくことで、元の自信のある状態の水の波動に戻っていくに違いない。

ちょっと時間がかかるかもしれないけれど、私は今40代。80歳くらいまで生きるとしたら、意識的にやっていけば、かなり元の自信を取り戻せるかもね😊

具体的には、「あなたはすばらしい」「あなたはステキ」「あなたは美しい」「私はしあわせなお金持ちだ」などなど。なんでもいいから、自分に声をかけるときには言葉に出す時でも、心の中で言う場合であっても、ともかく肯定的な言葉を言い続けよう。

否定的な言葉は一切言わない、くらいな勢いがほしいところだ☆

 

自己肯定のためのポイント:肯定的な言葉がけをして元々ある自信を取り戻そう!

 

 

 

 

 

-日記