愛され姫と執事たちの日常

自己否定が自己肯定に変わる!実験的日記

日記

お金持ちになるのを許可すること

スポンサーリンク

努力は裏切る

わが家では「幸せなお金持ちになる!」というのが最大のテーマになっている。

そのためには、もちろん仕事の量をしっかりとこなしていくことは大切ではあるが、ある意味もっと大切なことは、ベースをお金持ちマインドにすることだと思っている。

もし、いくら毎日コツコツと仕事量を積み上げたとしても、質が伴わなければともすれば徒労に終わってしまうこともあるのではないか?と思っている。

稼ぐ系YouTube動画で最近有名なマナブさんもダルビッシュ有の名言を借りて「努力は裏切る」とかなんとか言っていた。

きちんと考えた努力をしないと、いくらがんばってもたいした成果をあげられないものだとは思う。

それには私も納得だ。

お金にはならなくても趣味として成立するカテゴリーがあるわけだから、そのことは明白だ。

まあ、お金を稼ごうと思って努力をしても実らず、次もまた実らず、とやっていくことは、その先、なんらかの自分の糧にはなるのかもしれない。そういう意味では努力は裏切らないかもしれないが・・・

 

お金持ちになるには本気の覚悟をもつこと

具体的な仕事の内容については、しっかりと需要があるところを攻めていくなど、見極める目は大切である。

でも、そういう目を持てるようになるには?

そういった情報が集まってくる自分になるには一体どうしたらいいのか?・・

きっとそれは、本人の本気度によるものではないか?と思っている。

世の中、自分の出した波動に合ったものが寄ってくるものだ。

なので本気で、「自分はお金持ちになるんだ」と決めることなんだと思う。

あるいは、たくさんのお金が入ってくることを自分で許可することだったりもする。

私は今でも、自分のその点にブロックを感じることが結構ある。

自分の内側を内観していくと、どこか自分はたくさんのお金を持っちゃいけない、とか、たくさんのお金は持てるはずがない、みたいな思考をもっていることに気づくのだ。

こうした考えを持つようになった背景の1つとしては、やはりスピリチュアルなことを学んでいると、清く正しく美しく=清貧 みたいなことをなぜか空想しがち、という点があるのではないかと思われる。

もうひとつは、自己評価が低いことが原因ではないかと思う。

なので、「どうせ・・・私は・・」などという思考をしていることに気づいた時には、切り替えるようにしている。

自分の中の新しい真実として「私は豊さがとめどなく入ってくることを許可します」とか、「私はとても幸福なお金持ちであることを望みます」とか、「私はすばらしい」など、言い聞かせる、ということをやっています。

これも結局刷り込みなんだと思います。

自分のこうした思いグセに気づかず、そのままやり過ごしてしまうと、そうした価値観が勝手に自分の中に住み着いてしまうと思うのですが、「いやいや」と否定して、「違う違う、そうじゃ、そうじゃな~い」と鈴木雅之ばりにきっぱりと昔の思考を切り捨てるようにしていきます。

本当に決意!なんだろうな、と思います。

なぜかと言えば、お金持ちになる、って人によっては実は勇気がいることかもしれないのです。

例えば、お金がたくさんあると、周囲からたかられる、とか、税金がどうだ、とか、目立つ、とか、何かお金をもったことによって自分に不都合なこと、身の危険として感じられるようだと、潜在意識は自分を守るために、お金持ちになることを阻止しようとしてしまうからです。

だから、そうじゃない!と言い切るのですね。

お金持ちになったら、生活が楽になったり、優雅になったりするし、周囲の人にだって還元できたりもする。

また、税金は対策などしなくても、普通に支払えばどなたかのためにもなるし、気にしなくて良い!などと、自分の中で安心できるようになれば、次第に潜在意識のブロックも弱まり、やがてお金持ちになることに不安がなくなってくると、自分でOK!が出せ、現実もお金が入ってくるようになるのだと思います。

なので、ひたすら、お金持ちになることをOK!

私にとって安全なことよ、というのを反復して自分に言い聞かせるようにしているわけです。

お金持ちになるポイント:自分はお金持ちになるんだ、と決めること。

自己評価は貯金に現れる?

実際、その成果が少しずつ出てきているようなかんじで、貯金ゼロだったところから、毎月少しずつ貯金もできるようになってきました。

これは、斎藤一人さんが自己評価が貯金に現れる、というようなことを仰っていたのを採用し実践するようにしました。

自分に対して大切なお金をちゃんと与えてあげる、というのが貯金という考え方です。

自分に対してではなく、他にお金をあげるというのが、外食をしたり、服を買って服屋さんにお金を流したり、ということなのです。

これでは、お金を愛しているんじゃなくて、服やバッグなどを大切に想っていることになるというのです。

ああ、なるほどなあ、と思いました。

自己評価を高くもっている大切な自分に対してこれまた大切なお金を与えてやることをしてないというのは、自分への愛が足りない、と言われれば、たしかにそのようにも思えました。

私の場合、人にプレゼントをあげたり、宗教的な活動にお布施をするのは平気なんです。

それでいて貯金がない状態というのは、思えば、自分がないがしろ状態、ということだったんだなあと、ハッと気づかされたのでした。

なので、毎月少しずつでも貯金額を積み上げて、この行為はお金もちになるためにもですし、同時に自己価値をあげていくのにも直接的な行動になるんではないかと思っているところです。

この両輪が好循環となっていくといいなあと思っています。

以前の私はお金は使わないと、入ってこない、という話を信じていたのですが、この思想ではいっこうにお金が入ってきませんでした💦

身に染みて、この考え方はおかしいぞ、と思ったのもあって、今は以前とは逆の貯金を意識する方法に変えたわけです。

実際に、家計が赤字、からはなんとか抜け出している感じになってきました。

はい、督促状や財産差し押さえの通知は今は来ていませんので笑

斎藤一人さんの仰るには、出すと入ってくる、というのは経済界の話であって、家計のことではないというのです。

家計の場合、出せばそのままなくなるということなんですね(笑)

あと、考えられるとすれば、エネルギー的な部分では、豊かなエネルギーとともにお金を循環させると、自分にまた入ってくる、ということがあると思います。

しかし、それは、お金自体というより、エネルギーの質のことを言っているのだと思います。

なので、レジなどでお金を支払う時には、「このお金を支払うことで私の生活がまた豊かになる」とか、「レジ打ちの人の生活が豊かになりますように」というような意識の使い方をするように、ということを最近は心がけるようになりました。

 

お金持ちになるためのポイント:お金を大切にする意識で毎月わずかな額からでも貯金を継続する。

 

-日記