愛され姫と執事たちの日常

自己否定が自己肯定に変わる!実験的日記

日記

笑顔の左右差について

スポンサーリンク

笑うと左だけほうれい線が深い私

私は、写真を撮るときなど、笑顔を作るのが苦手なタイプだ。

まったくできないわけではないが、意識しはじめると、笑えなくなってしまう・・。

自分の笑顔にも自信がない。

それに、笑うと、なぜか顔の左のほうれい線が深く出て、右と比べるとかなり差が出てしまうのだ。

そのことは生まれつきだとつい先日まで思っていた。

でも、先日ふと、こどもの頃の笑っていた写真を見てみよう!と思い立った。

そして、少ないのだけれど、笑っている比較的自分でも「かわいいじゃん」と思えた3枚の写真を改めてよく見てみた。

すると・・・なんと、左右のほうれい線に特別差があるようには見えないではないか!!

とすれば、生育過程のどこかで、左の側だけ偏って笑顔を作るようになってしまった、ということにちがいない。

そこで、おもむろに鏡の前に行って、思いっきり右側を意識的にあげて笑ってみた。

すると、そこには子どもの頃の私の笑顔に近い顔が現れた。

「あ!これだ、コレコレ」

そう、今から笑う時には、右の頬をもっと意識してあげて笑ってみることにしよう!

なんだか、それをするだけでも、自分の運勢が変わってくるんぢゃないか?な~んていう希望を持ちながら、そう誓った。

でも、実際人相とかあるわけだから、きっと良い方に近づいていくに違いない、そう確信する私だった。

 

自己肯定のためのポイント:子供の頃の笑顔に近い笑顔を取り戻す。

最近の新習慣2つ目:愛してるよ

先日YouTube動画を見ていて、ハッピーちゃんが言っていたことには、毎日自分に朝「今日もよろしく、愛してるよとか言う」とのことだった。

そういう自己肯定のためのこと、私もそれこそ、笑顔が苦手だからと、鏡の前で笑ってみたりしたことがあるが、結局緊張してしまうと、笑えなくなってしまう、という結果に終わってきた。

なんだけれども、これはやってみようかな、と思えた。

ちょうど、やる気になっているタイミングだし、今ならやれるかな、との思いがある。

なんでも、ハッピーちゃんもはじめは気持ち悪かったようなことを言っていた。

しかし、これも慣れなんだそう!

それを聞いてなんだか心が軽くなったようだった。

そっかー、慣れと言う人がいるのなら、私も慣れるかどうか?やってみよっかな~と思えた。

実際に、今めざしている成功のためには、どこまで自己肯定力を高められるかにかかっている、と思っている。

だから、どうしても今の私は自己肯定感を高める必要があるのだ。

それに、自分のことを「愛してるよ」って毎日言えるようになる、って本当にステキなことだと思う。

昔、自分がきらいだったハッピーちゃんのような人でも、今はとっても自分のことがお気に入りなんだそう。

私もそうなりたい、なる!

 

自己肯定のためのポイント:毎日鏡の中の自分に向かって「愛してる」と言ってみる。(はじめは心地悪く感じても徐々に慣れていけるらしい)

-日記