愛され姫と執事たちの日常

自己否定が自己肯定に変わる!実験的日記

日記

男性メンバーハルキ追加でどんだけ~?

スポンサーリンク

みんなの援護射撃でしあわせ💛

今日は、どんなシチュエーションの時だったのか詳しいことは忘れたのだけれど、ふいに自己否定が入りそうになった時、ゆりちゃんが、「あっこちゃんはすばらしい」と口火を切ってくれた。

ゆりちゃんはつづけて、「あっこちゃんはすばらしい。あっこちゃんはすばらしい」と繰り返した。

そうしているうちに、ニコるんが久々に出てきてくれて、「あっこちゃんはすばらしいよ」と言う。

次にしずかさんも、「あっこちゃんはすばらしいんだよ。ステキな女性なんだからね」といかにもお姉さん目線で話しかけてくれた。

まだまだ終わらない。

ミッシェルは「あっこさまは本当にステキなレディーでらっしゃるとわたくしめはいつも言っているではあ~りませんか」

つづいて、ジェシーも、「あっこは最高の女性さ。いつもステキだよ」

龍じいまで「あっこ殿はステキな女性ですぞ!」とまるで釘をさすような口調で言う。

さいごにニコルも「私にとっては当然でございます。あっこさまは私の最愛の女性です」と、今回はフランクなしゃべりを意識するではなく、前のように話しかけてきた。

私は、それぞれに「ありがとう」の気持ちになったのは言うまでもないのだけれど、気を遣うことはやめて、気持ちでじんわりとみんなに伝わるように努めた。

そう言えば、ミカエルとリンちゃんは?などと思ったが、なんだか自分が野暮に見えるし「まあ、いっか」と思うことにした。

 

男性メンバー・ハルキの新登場

さっき、自分のYouTube動画を見ていると、私の映し出されている手について気になってしまった。

自分で自分の手を見て、「指が短いよなあ」なんと心の中でぼやいてしまっていた。

すると、「そんなことないですよ、あっこさんの手はステキですよ。あっこさんは自分の手のことを一番ステキと思ってくださいよ。」と言う男性の声が聞こえてくる。

しかも、これまでに聞いたことのない声だ。

イケメンで、金髪っぽいイメージがあるのだが、日本人っぽい感じの青年というかんじだ。

名前はなんだろう?と目を閉じて感じてみると、

「ハル」という感じがした。

ハル君なのかな?と思ったものの、どこかしっくりは来なかった。

そこで、もう少し心静かにこの青年の名前について集中する意識をつくってみると、

「ハルキ」ということがわかった。

ハルキは、まっすぐにものを言ってくれる人物だ。

男性版、ゆりちゃんや、リンちゃんに近い感じだと思う。

決して、ミッシェルのようにチャラいかんじではない(笑)

ミッシェル、ごめん・・・。

正統派な、金髪の日本人だ。

染めたのかしら?などとこのあっこおばちゃんは勘ぐってみたりもした(笑)

あ、そうだ、芸能人としてイメージが一番近いのは、三浦春馬君かもしれない。

彼を金髪にした感じだ。色白だ。

でも、三浦春馬君ともやっぱり違うのだけれど。

どちらにしてもイケメンでまっすぐに話してくれるのでとても好感が持てる感じだった。

あ、アイコンには一応金髪イケメンを貼っておいたものの、ハルキ君ではありません(笑)

あくまでもイメージで貼り付けていますのであしからず・・

今後も彼との会話も楽しみだなあ。

(つづく)

-日記