愛され姫と執事たちの日常

自己否定が自己肯定に変わる!実験的日記

日記

思い描く人生は望みをクリエイトする力によって創られる

スポンサーリンク

望みノートのワーク2日目

さっき、きのうからはじめた望みノート(詳細記事)を書き書きしていた。

ハッピーちゃんが補足的に話していた内容に、望みを腹に落とし込む、とかなんとか言っていたので、今日はただ書き出すだけではなく、ひとつ書いたら目を閉じてそれをなるべくリアルにイメージするようにこのワークに自分なりの改善を試みた。

すると、そのイメージ化が元となって、また次の望みが浮かぶではないか?!

うん!これはイイ! リアルにイメージ化してみると、当然のことではあるが、望んでいる場所にいる自分が存在しはじめるのを確認できた。

例えば、住みたいような家、というのがある。

私が思い描くのは、明るくてキッチンが広め、それも白を基調としたキッチンであることがイメージできた。

そこに登場する私自身も、今よりずっと品もよろしく、ステキな女性という感じなのだ。

ああ、どうか!

今までは、望みをイメージすることがなかったから、貧相に生きていたんだ、ということが腑に落ちた。

例えば豊かな暮らしを送っている人たちはみんな、今の私が想像の中で描いたように、必ずまずは自分の中で今の暮らしに見合ったエネルギーイメージしてきたからなのか!と気づいた!

やはり、自分の現実は自分で創る。というあの言葉って本当にちがない!

この望みノート、やればやるほど、だんだんと自分の望みについて明確に具体的になっていきそうな気がしている。

仮に叶わなかったとしても、毎日やっていって、自分の望みについてイメージする時間を持てるだけでも、実はしあわせな時間なのだ。

それに、それはきっと叶っていくにちがいない。

なぜなら、そのしあわせな時間を現に私は創造したわけだから、宇宙にそのエネルギーは放たれており、多少の時間差の後、現象界に現れるはず、だからだ。

宇宙的真理とか、宇宙の原理原則をこれまで学んできたことによれば。。。である(笑)

 

瞑想をして欲望を捨てすぎてお金が入ってこなかった?

それにしても、私は瞑想をしてきて、そのこと自体は本当にリラックスできたり、心身のバランスが整えられる感じがしてはいたものの、意識を高く、とかを重視するあまり、それがどうにかこうにかまちがって、欲望を全部捨てて・・・というようにしてしまっていた(-_-;)

これじゃあ、いっこうに経済的にも豊かになれるはずがない。

望みを描くことはセットで行っていかないと、経済的な豊かさはやって来ないというわけだ。

もちろん、それは本人の考え方の傾向がベースになっているのだと思う。

私のようにまじめ思考に偏りがちな人は、こうしたことをやりがちだ(;^_^A

私の波動は瞑想を継続してきたことで、それなりにはきっと高まったではあろう、しかし、それだけでは片手落ちだったということにやっと気づいたのだ。

つまり、波動を高くするだけじゃ、お金もちになることはできない、ということらしいのだ。

これについては次の記事で書いてみようと思う。

(つづく)

-日記